ソフトウェア開発 カナダと日本 Gmailでプライベート用・仕事用の全てのメールアカウントを管理
9 月 01

受託する開発案件の90%以上はLinuxサーバー上で動作するWebアプリケーションなので、開発用にLinuxサーバーを購入・構築しました。

Linuxのディストリビューションですが、以前はRedhad/Fedoraを良く使っていたのですが、最近はDebianを使う機会が多いため、Debianを選択しました。

Linuxを初めて触ったのはソフトウェアの専門学校に通っていた学生時代でした。自分のPCにRed Hatのバージョン4を入れ、使いこなすのに四苦八苦していたのを思い出します。結局、インストールをし、X Window Systemを動作させてインターネットにつなぐまで、1ヶ月くらいかかったと思います。学習用にWindows用のC/C++言語のコンパイラを数万円かけて購入したのに、Linuxではいろいろな言語のコンパイラが無料で使えるという事実に感動した頃が懐かしいです。

現在は当時と比べると圧倒的にLinuxサーバーの構築が楽になりました。インストールCDでブートして基本インストール、ネットワークコンフィギュレーション、各種サーバーアプリケーション、各種開発用ツールなどをインストール・設定するまで30分もかからずに終わってしまいました。(サーバー用途なのでXは入れていませんが)

サーバーの世界では地位を確立しているLinuxですが、残念ながらデスクトップの世界ではまだまだです。そんなこという自分も家ではWindows Vistaを使っているのは、オフィスアプリケーションのMicrosoft Officeをどうしても使う必要があるからです。

Open Officeがもう少しMS Officeと同じように使えるようになれば(もしくはユーザーがMS Officeを離れてOpen OfficeやGoogle Docsを選択するようになれば)、Linuxのデスクトップ市場での地位も上がってくるのではないかと思います。そうなればWindowsとMS Officeのライセンス料分(数百ドル)PCが安く買えることになり経済的ですね。

written by Spiral Software CEO
Home Page: http://spiral-software.com/

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


Leave a Reply