開発用Linuxサーバーの購入&構築 Gmailで複数のアカウント毎に異なる署名を使用したい場合
9 月 08

自分の会社用のメールアドレスが3つ、サラリーマンとして働いている会社のメールアドレス、そして個人用のメールアドレスと、今5つのメールアドレスを主に使っています。

以前はBecky!とかThunderbirdというメールクライアントを使っていましたが、こういうPCにインストールしなければならないメールクライアントでは出先や旅行先などで使えないケースが出てきて不便です。

なので今はGmailを使っています。

Gmailではメインの@gmail.comのメールアカウント以外に、POP3アカウントを追加することができます。つまりGmailのWEBクライアントを使って、使っている全てのメールアカウントを管理することができます。これならインターネットさえできればどこにいても、個人用・仕事用、全てのメールがチェックできます。

以下はGmailにPOPアカウントを追加する手順です。

・Gmailにログインする

・右上の「設定」をクリックし、「アカウントとインポート」をクリックする

・「POP3を使用したメッセージの確認」の「POP3のメールアカウントを追加」をクリックする

・別ウインドウにメールアドレスを入力して「次のステップ」をクリックする

・POP3サーバー、パスワードなどの各種設定を行う

・送信の設定を行うために「次のステップ」をクリックする

・送信用の「名前」「メールアドレス」を設定する

・「確認メールの送信」をクリックする

上記を追加のメールアドレス分だけ繰り返します。アカウント設定画面にある「メッセージの受信時」には、「メールを受信したアドレスから返信する」を設定するのがいいと思います。

以上で設定は終わりです。これでめでたく全てのメールアドレスをGoogleのWEBインタフェースだけで管理できるようになりました。

独自ドメインを持っている人は、さらにメールサーバーすらGoogleのものを使うことができます。この場合、ドメイン費用(年間$9程度)がかかるだけで、サーバー使用料は無料です。この設定方法はまたの機会に書こうと思います。

ちなみに、Gmailは長い間(少なくとも5年くらい)ベータ版の表示がされていたのですが、そのベータ版の表示がなくなっていることに最近気づきました。

調べてみると、以下のGoogle Appsからベータ版の表示が取り除かれたようです。

Gmail
Google Docs
Google Calendar
Google Talk

ベータ版の表示があったときも問題らしき問題はなく使えていたのですが、より信頼して使えるようになったと考えてよさそうですね。

written by Spiral Software CEO
Home Page: http://spiral-software.com/

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


2 Responses to “Gmailでプライベート用・仕事用の全てのメールアカウントを管理”

  1. 1. さやんこ Says:

    Gmailって便利だね。。
    会社のメールはOWAで見られるけど
    今仕事の都合で個人アドレスや別会社名義アドレスを使っているので
    外出してるときとか不便なのだ><
    使ってみるわ><

  2. 2. Spiral Software CEO Says:

    Outlook Express → Becky! → 一瞬だけPost Pet → Thunderbird といろいろ変えたけど、Gmailで完全に落ち着いた感じ。

    もうベータじゃないし、もう数年使ってるけどベータのときも問題なかったし、安心して使えるよー。

Leave a Reply