1 月 19

先週土曜日にCIBCのKerrisdaleブランチでビジネスアカウント(法人口座)の開設の手続きをし、今週土曜日に実際に口座がオープンされました。

ビジネスアカウントは個人のアカウントと比べ、機能にかなりの制限があります。

・バンクカードでATMが使えない(使えるようにするにはオプションで毎月使用料がかかる)

・申し込んだ支店でしか入出金ができない

・あらゆるトランザクションで手数料がかかる

・口座維持手数料が必ずかかる

銀行からしたら取れるところで手数料は取っておこうということなのでしょうが、かなりいろんなところでいろいろな手数料が取られます。

まぁビジネスなので仕方がないですね。それでもCIBCのアカウントはほかの銀行と比べれば比較的安い方だと思います。

ビジネスアカウントができたことで、ようやく給料や経費などの支払いが会社名義のチェック(小切手)で行うことができるようになりました。次は、車の名義を会社に変えたりとかできたらいいのかなと考えてます。保険の絡みでそれが特かどうかを今調べています。

あとは最低限の会計関係の知識を自分で身につけないといけないかなと思っています。カレッジのアカウンティングのコースでも受けてみようかと思う今日この頃。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 16

今までは個人事業で使っていたとりあえずのホームページを設置していたのですが、このたび、正式にホームページが出来上がりましたので公開することとなりました。

Spiral Software Inc ホームページ

ホームページの作成にあたり、バンクーバーにてインターンシップをされているWebデザイナーのMegumiさんにデザインの作成をお願いしました。Megumiさん、すばらしいデザインをありがとうございます。いろいろ注文をつけてすみませんでしたw。

次の目標は、月末までにASP・ホスティング事業を始めることです。サーバーはすでに手配し初期設定が終わっているので、あとは料金体系の検討や、クレジット決済の準備、事業用の別のホームページなどが必要になります。

しばらく8時間制の実行は難しいかな・・・。

ちなみに、プレスリリースは以下など多数のサイトなどで掲載されました。

COBS ONLINE:
http://cobs.jp/press/0901/0116/62756.html

ValuePress!:
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=33806

起業SNS:
http://www.kigyou-sns.com/press/press_15070.html

release jam:
http://pr.mediajam-mini.info/topic/81710

ベンチャープラス:
http://venture-plus.com/news/スパイラルソフトウェア株式会社/

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 14

実は、僕は会社を立ち上げたのは初めてではありません。

2006年7月に、友人と2人の共同出資・共同経営で日本でとある会社を設立しました。設立は友人がほぼすべてやってくれたので、今回のSpiral Softwareのように自分の会社という自覚は小さかったですが。

2人とも本職があり、サラリーマンという立場でそれぞれ無理のない範囲でやっていこうという、いわば「副業としての起業」でした。

2年以上会社を運営し、一時は利益もそこそこ上がっていました。きっと頑張れば今後も伸びたと思います。

ただ、利益が出る代わりに仕事量も増えていきました。Nokiaに入ったあたりから自分の会社の仕事が手に負えなくなり、結果として昨年12月に代表を辞任、退任することになりました。

利益が上がればいいというものではないのです。無理の出ない範囲でやると決めた以上、たとえいくら儲かっても働きすぎたらそれは負け、失敗ということだと思います。なぜなら本職を持ちながら無理のない範囲でやっていくのだという、自分の定めた目的を達成できなかったからです。

今回は以前記事にも書いた8時間制を守りながらうまく利益を上げることができるよう、Spiral Softwareの仕事をこなせていけたらと思っています。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 11

会社の小切手を書いたりいろいろな経費の支払いをするために、ビジネスアカウントが必要なので、昨日KerrisdaleにあるCIBCのブランチでアポイントを取って担当者に会ってきました。

家のすぐ近くにもCIBCの支店はあったけど、土曜も開いているこのケリスデールの支店を選びました。

Kerrisdaleブランチは結構広くて待合室なども快適だし混んでないし(それは土曜日だったからかな?)、いいところを選んだと思います。場所的にも聞こえがいいし。

CIBC Small Business Operating Accountは、各種手数料がほかの銀行のものと比較して安く、名前の通りスモールビジネスに向いていると思います。ただ、バンクカードやオンラインバンキングを使うのに毎月手数料がかかったりなど、頻繁に口座にチェック以外での入出金を行う場合はもっと良い別のアカウントがあるかもしれません。

銀行のホームページで口座開設の詳細が書いてあったので、申請書類も含めすべて記入してそろえて行ったら担当者がびっくりしていました。おかげで5分くらいで終わってしまいました。来週土曜日にもう一度会って、その時に口座がオープンになるそうです。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 08

バーチャルオフィスのメールサービスは、実際にオフィススペースを借りなくても住所とメールボックスだけ月$25程度で借りれるというスモールビジネスにはもってこいのサービスです。

が、ここに盲点がありました。

先日、BC Ministry of Finance から会社宛に郵便物が届いたという連絡が来ました。で、それをピックアップしたいけどいつ取りにいけるの?と聞いたら、「月曜から金曜の9-5時」との返答が・・・。

あ、俺その時間は働いてるから取りに行けないじゃん・・・。(盲点というよりは普通に考えればわかりそうなことではあるけど)

もっと調べて週末も空いてる所にすればよかったー。もう会社住所をそこで登録してしまってるので今からサービスを変更するのはちょっと面倒くさいです。

郵便物を転送するサービスはないみたいです(訂正:+$20/月で転送してくれるみたいです)。さてどうしよう。まぁ、郵便物なんて多分ほとんど来ないだろうし、ダウンタウンに住んでる友達に頼むか、早退するなりしてたまにまとめて取りに行くかかな。

会社を作ること自体は簡単でも、やっぱりいろいろちゃんと調べてからじゃないとあとで面倒ですねー。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 07

会社作ったはいいけど、そこからやることがたくさんあります

・銀行でビジネスアカウントの開設

会社のチェックを切るためにビジネスアカウントが必要になります。

軽く調べたところ、CIBCの”CIBC Business Operating Account”がいろいろな手数料が安くて良さそうです。個人でCIBC系列のPC Financialの口座を持っているので何かと便利そうだし。

支店は家のすぐ近くにしようとしたけど、サラリーマン起業家としては週末に空いているところが便利かなと思い、土曜も空いていて家からも近いKerrisdaleのブランチにしました。

・CRAでPayrollアカウントの開設

給料や報酬を支払うために、CRA(Canada Revenue Agency: 国税局みたいなの)でPayrollアカウントを作成する必要があります。いわゆる所得税や年金、雇用保険の控除を管理するアカウントです。これらの控除の計算の仕方とかも近いうちに調べないといけないなー。

・会社ホームページの作成

今、WEBデザイナーの方に会社ホームページのデザインを作成してもらっています。とりあえずのホームページは実はすでに設置してあるのですが、僕が個人事業用に自分で作ったもので、デザインが明らかに安っぽいので公開していませんw。

・名刺の作成

これもとりあえずのものをVista Printで作ったのですが、会社のロゴとかができたらまたちゃんとしたものを作ろうと思っています。

・電話回線の用意

会社用の固定電話回線を用意するか考えましたが、基本的に仕事の連絡はEメールがメインになると思うのであまり使わないのではと思ってます。

なので携帯(FIDOとかの安いプラン)で済ますか、もっと言えば今個人で使ってる携帯で済ましてしまうか考え中です。今すでに仕事(Nokia)用と自分用の2つの携帯を持っているので、3つは持ちたくないかなー。

やらなければならないことがたくさんあるけど、少しずつがんばって進めて行きます。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 05

皆さんは1日の24時間をどのように使っていますか?

僕は8時間制という考えを実行しようと常に心がけています。

8時間制とは、24時間のうち8時間を仕事に使い、8時間を自分(&家族や友人、恋人など)のための時間に使い、残り8時間を睡眠やリラックスに使うという考えです。通勤時間も仕事の8時間に含めます。食事や料理の時間は自分の8時間に、シャワーなどは睡眠&リラックスの8時間に含めます。

週末は仕事の8時間を自分の時間にします。週末はよほどの事情がない限り仕事はしません。

この8時間制、昔はどう努力しても全くできませんでしたが(だって通勤に往復2~3時間&残業もあったし)、今ではなんとかできるようになってきました。

今回、会社を設立し自分のビジネスを始めるにあたっても、この8時間制を守るようにがんばっていこうと思ってます。3月頃にNokiaで正社員になれれば時間にそれほど縛られなくなるので、そっちに7時間、Spiral Softwareの仕事に1時間という配分ができるのかなと思ってます。

え?1時間しか自分の仕事しないの?と思うかもしれません。でも、「仕事は時間でするものではない」と考えています。たとえ1時間でもできることでやっていけたらと思っています。(ただ、これはあくまで理想で、そこを目指していきたいということです)

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 03

2009年1月1日付けにてカナダBC州に株式会社を設立しました。ソフトウェア開発やインターネットサービスを中心に活動していく予定です。

Spiral Software Inc(スパイラルソフトウェア株式会社)
Suite 300, 422 Richards Street, Vancouver, BC, V6B 2Z3
contact@spiral-software.com
(ホームページ・電話回線は準備中です)

Spiral(らせん)の名前はソフトウェア開発モデルのひとつであるスパイラルモデルからヒントを得、らせんを描いてビジネスが飛躍していくという期待をこめて付けました。

当初の事業内容としては、日本からのソフトウェア開発案件をカナダにてこなしていくのと、その他インターネットサービスの提供を検討しています。

カナダでのビジネスは知らないことばかりなので勉強しなければならないことがたくさんあります。皆さんのご協力をお願いいたします。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 02

スモールビジネスを始めるにあたり、最初の壁になるのはオフィスのレントではないでしょうか?

ダウンタウンなどでオフィスを借りるのはそれなりの資金が必要になります。オフィス丸ごとではなくオフィスの中のデスクを1つだけ借りる事もできますが、それだけでも数百ドルしてしまいます。

また、自宅を会社の住所にする方法も考えられますが、もしアパートやコンドなどの賃貸物件に住んでいる場合、契約で商用利用できないことになっている可能性が高いと思います。そして持家の場合でも商用利用するとそれなりの税金がかかってしまいます。

そこで利用を検討したいのはバーチャルオフィスなるサービス。(Virtual Office とか Mail Services とか呼ばれてます)

このサービスを利用すると、月たったの数十ドル程度でバンクーバーのダウンタウンに住所を借りることができます。そして、そこに郵便物が届くとメールで通知してくれます。

もちろんオフィス自体は借りれませんが、必要があれば会議室は低料金で借りれるので、在宅作業がメインでできるスモールビジネスにはもってこいでしょう。

僕は月$25でバンクーバーのダウンタウンの住所(Richards Street)とメールボックスを借りました。+$5でFAX番号も借りれます(FAXが来るとそれが画像に変換されメールで送られてきます)。また、電話受付もオプションでありますが、これは結構値段がかかるみたいです。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!


1 月 01

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

カナダでの株式会社の設立は非常に簡単です。お金もほとんどかかりません。

※以下はBC州での株式会社(BC Company)の設立の手順(および費用)を説明しています。

1.会社名の予約(Company Name Request):$30 (+$1.50 service charge)
2.Incorporation Agreement の作成:$0
3.Company’s Articles の作成:$0
4.オンラインで登記:$350 (+$1.50 service charge)

このうち、2と3はそれぞれ書類の作成になるのですが、たいていのケースで用意されているテンプレートの通りで問題ありません。

1のネームリクエストは、BC州で同じ名前の企業がないかを調べ、その名前を56日間予約します。その名前があるかどうかを調べたり、実際にネームリクエストを行うにはBC Corporate Registryのサイトを使います。

※BC Companyとしての名前には、BC州に既に同じ名前の会社がないかだけではなく、ネーミングに特定のルールがあります。詳細は上記のサイトをご参照ください。

4にてオンラインで$350を支払い会社登記を行うと、その瞬間にあなたの株式会社が設立されてしまいます。ほんとに簡単です。その日にではなく設立の日付を指定するには追加の費用がかかります。

さて、会社の登記の際、会社の住所が必要になります。僕はとても小さなビジネスとしてスタートするため、オフィスを借りる資金はありません。また、自宅のアパートはビジネスで使用できない契約になっています(BCでは大抵の賃貸物件でそういう規約があると思います)。

そのような場合、会社の住所はどうすればよいのでしょうか?その方法は次回に説明したいと思います。

written by Spiral Software CEO

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ  
ランキングに参加しています。上のボタンをクリックしてください!